黒シリーズや『悪名』『白い巨搭』『不毛地帯』まで---
43歳まで疾走した田宮二郎を回顧

生誕80年記念企画

よみがえる田宮二郎
――昭和を駆け抜けた狂熱の俳優人生

よみがえる田宮二郎

僅か43歳の若さでこの世を去った田宮二郎。
その俳優人生は、決して順風満帆ではありませんでした。
1935年、大阪府大阪市出身。学習院大学在学中の1955年に「ミスターニッポンコンテスト」で優勝したことをきっかけに大映演技研究所に入所。モデル業の傍ら1957年に本名の「柴田吾郎」で端役ながら映画デビューを飾りますが、その後役に恵まれず、1959年「田宮二郎」に改名するも不遇の時代は続き、1961年『女の勲章』(吉村公三郎監督・山崎豊子原作)での演技が評価され、ようやく注目を浴びるようになりました。
同年、勝新太郎が主演した『悪名』(田中徳三監督)で、勝の相棒役に大抜擢され、これを契機に一気にスターダムにのし上がるのです。
その後は、恵まれたスタイルとクールな面構えを武器にした独自のキャラクター作りで、「黒シリーズ」(1962~64年・全11作)や「犬シリーズ」(1964~67年・全9作品)といった主演シリーズを次々にヒットさせ、"昭和のクールガイ"と呼ばれるまでになりました。そして1966年、運命の作品であり代表作の『白い巨塔』でスター俳優の座を射止めるのです。

今回は、今年迎える生誕80年を記念して、大映のプログラムピクチャー全盛期の主演作を中心に、伝説の二枚目スターの俳優人生を回顧します。

画像: 生誕80年記念企画 よみがえる田宮二郎 ――昭和を駆け抜けた狂熱の俳優人生

映画「白い巨塔」劇場予告 1966年 日本
第17回ブルーリボン賞作品賞
第5回モスクワ国際映画祭銀賞

youtu.be

黒の試走車(予告編)

youtu.be

特集名:「よみがえる田宮二郎―昭和を駆け抜けた狂熱の俳優人生」
●期間:2015 年 5 月 9 日(土)~6 月 5 日(金)
●場所:神保町シアター(東京都千代田区神田神保町 1-23 TEL03-5281-5132)
●上映作品:全 16 作品

『黒の超特急』監督=増村保造/1964 年/出演=藤由紀子、船越英二
『復讐の牙』監督=井上梅次/1965年/出演=小山明子、滝瑛子
『スパイ』監督=山本薩夫/1965 年/出演=小川真由美、中谷一郎
『白い巨塔』監督=山本薩夫/1966 年/出演=田村高広、東野英治郎
『悪名』監督=田中徳三/1961 年/出演=勝新太郎、中村玉緒
『続悪名』監督=田中徳三/1961 年/出演=勝新太郎、中村玉緒
『女の一生』監督=増村保造/1962 年/出演=京マチ子、高橋昌也
『華麗なる一族』監督=山本薩夫/1974 年/出演=佐分利信、仲代達矢
『黒の試走車』監督=増村保造/1962 年/出演=船越英二、高松英郎
『犯罪作戦 NO.1』監督=井上梅次/1963 年/出演=本郷功次郎、藤巻潤
『背広の忍者』監督=弓削太郎/1963 年/出演=滝瑛子、高松英郎
『あの試走車を狙え』監督=森一生/1967 年/出演=野川由美子、内藤武敏
『宿無し犬』監督=田中徳三/1964 年/出演=天知茂、江波杏子
『ごろつき犬』監督=村野鉄太郎/1965 年/出演=天知茂、水谷良重
『大悪党』監督=増村保造/1968 年/出演=佐藤慶、緑魔子
『不毛地帯』監督=山本薩夫/1976年/出演=仲代達矢、丹波哲郎

神保町シアター
http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/

This article is a sponsored article by
''.